おかしくはないです

嫌いな言葉は「多幸感」

【ランペイジ 巨獣大乱闘】振りきった『ザ・マミー』

近年のロック様のご活躍ぶりから勝手に「ロック様はアメリカのティーンエイジャーのアイコンになろうとしている」説を提唱している。そして公開される主演映画を見るたびにその確信は強まっていく。この前DVDで見た『セントラル・インテリジェンス』もまさしくだったし。スパイものなのに高校時代の思い出を回顧するシーンが30分くらい続いてびっくりしたよ。

どれも共通しているのは今時のブロックバスターの水準からすればものすごくこぢんまりしているし、アクションもそんなに大袈裟じゃない。ちゃちゃっと作って、重いテーマよりも観客のあるあるとか時代に寄り添う感じ。で、たぶんその層っていまかなりロック様的には狙いやすいんだなーっていう気がする。MCUはちょっと複雑すぎて感情移入しにくいよねーっていう若者への目配せというか。

でも映画のプロットの印象はなぜか知らんがトム・クルーズの『ザ・マミー』を彷彿とさせる。飛行機墜落からの無事だったねーシーンもあるし、国の機関的な人も出てきて協力してくれるし。『ザ・マミー』もこんくらい振り切ってやっていけばよかったのかもしれない。MCUにはどう頑張ってもなれないわけだし。

お話はもう本当にひどい。腹を撃たれても「急所を外れたので全然平気」つってふつうにアクションに復帰するロック様とか、この前のレッスルマニアのシェーンだってだってもうちょっと気を遣って痛い感じの雰囲気だしてたってくらいひどい。

敵役も近年稀に見るアホっぷりだし、思わせぶりに出てきた傭兵の扱いもひどい。序盤に出てきた動物保護センターの新人とか同僚に至ってはロック様のキャラクターを説明する役割を果たしたらもう出てこない。ちょっと適当すぎるのではないか。でもそのぶん、『ザ・マミー』にあった続編への目配せというか思わせぶりがなくて、ものすごくスッキリ見られたし、まあ適当に楽しんでくれたまえみたいな開き直りは素直に受け入れられたのだよね。

ゴリラの造形もよかったし、最後のゴリラの下ネタには思わず「ちょっと!」と声が出てきてしまったくらいに愛着が持てるタイプのゴリラ。ゴリラの時代が来つつある。ゴリラに似過ぎているジョン・シナの時代の到来も近い。それはないか。