おかしくはないです

嫌いな言葉は「多幸感」

【ジュマンジ ウェルカムトゥジャングル】あっちのキリトはロック様

めっちゃアメリカでヒットしていると聞いて「どんなんなん??」と思ってたけど完全にティーン向けのライン。言ってよ。ハイスクールミュージカルとかそのへん。

ディズニーチャンネルとかニコロデオンとかそのへんのドラマのその先くらいの延長で、しかも内容がソードアートオンラインだから、あーなるほど、ラノベ的な需要の受け皿がこういうところにあるのかアメリカ、と妙に納得してしまった。キリトに憧れるかロック様に憧れるかの違いでしかないし、それって違いというほどの違いじゃないよね。

そう考えてみるとロック様は主演だとそういうラインの映画ばっかり出てるような気がするし、完全にそういう戦略なのだろうなあ。他にいないもんね、ティーンの憧れられるマッチョ俳優。

だから映画の内容もゆるゆるだったけど、これは私が文句言う筋合いのないゆるさだっつーことですね。リスポーンの位置とか、かなり大事な要素なのにだいぶ適当だったし。キメ顔ギャグは最高に好きなのであと3回見たかったです。