おかしくはないです

嫌いな言葉は「多幸感」

【ロープ 戦場の生命線】なわはもっとも古い人間の道具の一つ

これは面白かった。かなり見るべき映画。

戦場となった国の難民が利用する井戸に死体がハマっちゃって(誰かが投げ入れたのかもと示唆されるけど本当のことはわからない)このままでは水が汚染されて飲めなくなるので死体をロープで引き上げるけど……切れた!

ということで水を供給するNGO職員のベニチオ・デル・トロとかロビン・ウィリアムスとかがロープを求めて東奔西走する一日を描く。たった一本のロープのために、でもそのたった一本のロープが、ここでは全然、全然見つからないのだ。

ロープっつったら安部公房の「なわ」だよね。安部公房は人間の原始的な道具がむしろ人間の行動を規定し始め、人の意思あるいは存在と等価になる瞬間をいろいろ書いているけど、ここでNGO職員たちは様々な用途で使われ、人間の意思によって変容する縄たちの姿を(そして職員たちの意思通りには動いてくれない、戦争によって生み出された現実の姿を)目撃する。

よく「戦争の真実」とかいう言い方をして、「現実はもっと過酷だ」「脳内お花畑」とかいろいろなことを言って冷笑的な態度を取る人がいるし、まあこの映画で描かれている国連軍の振る舞いとそれによって生じるベニチオさんたちの忸怩たる思いは「偽善的行為の導く現実」ってな話かもしれないし、でもねえ。それに対する反論って何かなって思ったんだけど、結局のところ世界は複雑すぎるっていうことへの理解の問題なのかなって気がしてきた。それは縄の振る舞いにも還元されうることで、一つの役割を果たした縄が、その同じ縄が、別の役割を果たすことだって大いにあり得る、というかそれこそ当たり前のこと。悪い状況がそのままの姿で良きものにもなる。その矛盾に、しかし縄ではない人間は耐えられない。でも、安部公房の世界に迷い込む必要だってないよ。「砂の女」とか尋常じゃなくこええし。

まあいろいろ言ってみたけど、牛迂回問答とかかなりユーモラスで面白かったです。ラストシーンも素晴らしかった。道具以外の解決策をもたらされ、身を委ねることもできるし、人の意思を超えたところに何かがあると信じることもできる。だから人は縄とは違うし、NGOの人だってパーフェクト・デイを突き進むのだ。