おかしくはないです

嫌いな言葉は「多幸感」

スーパーマリオオデッセイはいよいよマジもんのゲーム下手にも気を遣う新世代ゲーだけど話は古代

はじめてマリオをクリアした。

Wiiの時から変だと思っていたのだ。「直感的な操作性」「お年寄りも子供も楽しめる」みたいな感じで死ぬほど流行っていたWiiだが全然簡単じゃない。ポインタはふらふらするし、挙句の果てはWiiモーションプラスとかいう精密さを求める仕様を追加して私を苦しめた。「スカイウォードソード」がいかに名作だろうが、「剣の刃を縦にして切る」ってお前、現実でチャンバラする方がまだその動きはできるぞってなった。間口を広げますよ〜っていう任天堂の言葉は今後一切信じられんと私の不信感は頂点に。

switchはそんなことない。すごいぞswitch。そもそもWiiリモコンはデカかったのだな。おかげでボタン操作とjoy-conを振る操作もちゃんと両立できる。ゲーマー諸氏におかれましてはこの「ボタン操作とjoy-con操作を同時に要求される」というのが結構不満なようだし言いたいことはわかる(携帯モードにしてモニタとjoy-conをくっつけたりプロコン使ったりするとjoy-conを振る操作自体ができなくなるし、joy-conを振る以外の代替手段が用意されていないのでゲームプレイのアクションが制限されてしまう。こういう一貫性のなさはゲーマーは嫌いだ)んだけど、ボタンを押してから振ればホーミングっていう操作に私は何度も助けられた。だからクリエイターが想定するゲームプレイを実現するためには推奨のプレイスタイルでやればいいんじゃないかな。スカイウォードソードだってWiiモーションプラスが必須だったわけだし。あとは壁のない落ちれば即死の狭い平均台的な道を行く場面は何度も何度もなんども死んだが致し方ない。さすがに私が悪いよ。

ただしストーリーはけっこうヤバめ。このご時世、クッパにさらわれたピーチを助け出してマリオありがとう!キッス!みたいなことはできない(女性はトロフィーじゃないからね。「バトルシップ」でさえわかってて実践してたことだ)んだけど、そのせいでマリオがクッパに(お前も大変だな……俺もだ)みたいな雰囲気になる。そんでピーチが妙に薄情な感じになる。せっかく助けに来たのに、なんだったんや……みたいな。ピーチは悪くないんだけど、マリオといるときだけ自我を見せて自立しているように見せている気もするし、クッパはめちゃくちゃピーチのことを恋慕していることもわかるけどだからってしていることが許されるわけでもないし。

オデッセイの事前CM見た時に、普通の頭身の人々の間を歩くマリオを見て「あ、近代的自我の芽生え。マリオも自分の意思があるように見える」とドキドキしたんだけど、なんかそれが主体的なものでなくて作っている人が無理やり現代に合わせるために突貫的にこしらえたように見えた。ピーチの扱いをPC的に正しいものにしたいなら「ピーチがクッパにさらわれてそれを助けに行く」っていうフォーマットから捨てなきゃいけないんだけど、それはできない。から変な感じになってるってことなんだろう。上辺だけ取り繕ってもしょうもないって話だ。

どこもかしこも大絶賛なゲームだし私も躊躇なく「神ゲー」と言っちゃうマスターピース生まれたっすだけど、それを台無しにしないとも限らない危険性をはらんだお話の致命的な穴に言及されていない気がするのでゲーム批評の前途もなかなか大変だと思うよ。