おかしくはないです

嫌いな言葉は「多幸感」

WWE LIVE Osaka2017を見てWWEのやり方に気づく

とりあえず中邑真輔の話をするね。

去年の大阪公演で中邑真輔が見せてくれたのは、ここからまた始まるのだという自然体の決意だった。見る者もまた、そこから始められることを促されるような。いつでも人は劇的に変わりうるのだという困難さを当たり前のもののように表現する中邑真輔。それは彼の生きてきたプロレス人生がなければ完成されえないすべてを包含する芸術だった。

先だって、WWE LIVEをフロリダで観戦したのだけれど、フロリダで見た興行も大阪で見た興行もSmackdownブランドだったから余計わかりやすかったのだけれど、その両者は基本的なパッケージはほとんど同じだったんだよね。って言うか今年は両国公演を含めて年に3回WWEを見たことになり、プロレスがちょっと好きなアメリカ人よりWWEを観戦してる気がするのだが来年もぜひどこかしらの公演を見に行きたい。ついでに来年もちゃんと両国、大阪の2公演をしてほしい。ぜひとも。でもWWE mobile終わっちゃったんだよね……どうなるんだろうか……。

フロリダのメインのベビーはランディ・オートン。大阪のメインは中邑真輔。相手となるヒールはどちらもジンダー・マハル。試合は一進一退の攻防でありつつランディ・中邑が優勢だが、シン・ブラザーズの介入により隙を見せざるをえなかったベビーは敗北を喫し、しかし試合終了後に立ち直って自らのフィニッシャーを華麗に決める。オートンはRKO、中邑はもちろんキンシャサだ。その日一番の大音声が客席を埋め尽くし、気持ちいい笑顔を浮かべて観客は座席から立ち上がる。

ものすごく効率的なやり方だ。ひとつの脚本、多彩なタレント。あとはその興行をする地域に合わせてメインをすげ替えればいい。最近はWWEも会場にあまり客が入らなくなっているというニュースが流れがちだけど、WWE Networkの機能をよりワールドワイドなものにするために世界ツアーをより活発におこなっていく方向性にするのなら、まあアメリカ国内の動員が減ってもあんま気にしないのかなあって感じはする。もちろんLIVEならともかくRAWとかで空席が目立つのはよろしいことではないしアメリカ国内での求心力は弱まっている気はするのだけど。今のご時世トランプと仲良しこよしでオッケーっていうエンタメはキツイよやっぱ。応援するのも。まあこの辺の愚痴はいいや。とにかく。

そのワールドワイドパッケージの重要なピースとして、中邑真輔というスーパースターはパーフェクトに機能していた。それは当たり前な話で、プロレスラーとして彼が一流であるからという理由以上に、日本においての最適な振る舞い方を中邑真輔は知悉しているからだ。それはほかの日本人ではないスーパースターの誰にもできないことだ。WWEはエンターテイメントの最大公約数的なやり方を持ち合わせてはいるが、WWE Networkに世界中の人が9.99ドルを払ってもいいと思わせるためには不十分なのも間違いはない。世界サーキットはWWEを愛するユニバースのために用意されるご褒美のお目見えではなく、その国、地域を侵略する愛想のいいセールスマンにならなければならない。そのために必要なものは?たった一人の、現地の人間だ。言葉がわかればいい。好かれていれば、最高だ。

なんつーのは言い過ぎだとは思うけど、いろんな国のバックグラウンドの人を集めているのは確かなことだし。メイ・ヤング・クラシックにいたっては国別の対抗戦の形を与えられていたので、かなり露骨である。グローバルなビジネスだなんだと言っても、そこで最大限の利益を出すためにはどこまでもローカルに接近しつつ経済活動を成り立たせる最小単位を見つけ出す、というのが現代のビジネスなんだろう。資本主義は国境を越えて全ての人間を経済活動の奴隷にするが、しかしそれでも人間の心性は絶対に小さな箱から出られない。不自由は広がり、自由は決められた場所から動かない。

そんな中で中邑真輔は一年のあいだに全てを新しくした。三十代後半にしてまっさらな新人の状態になって、しかし大人になってじゅうぶんに努力した人間のスタートはゼロではなく、なおかつそれまでと同じことを繰り返す必要もない。人はいつでも始められる。彼は同年代のあらゆるプロレスラーの中で、いちばんかっこいいひとだと、プロレスファンにもそうでないひとにも、私は見境なく教えたい。