おかしくはないです

嫌いな言葉は「多幸感」

【新感染 ファイナル・エクスプレス】肘打ちの有用性

驚いたことにめっちゃウェルメイドとも言える圧倒的な完成度になんなんだよウェルメイドなゾンビ映画ってと一日千秋の思い。わりとゾンビ映画ってジャンルものとして立ち位置がはっきりしてるから作っている人もどこかに外連味を入れないとなあみたいな思いがあるんだけど、この映画はジャンルものとしてのゾンビ映画らしさみたいなものにははじめから興味なくて、だから人体破壊描写とかも全然ない。だからこそゾンビ映画に興味のある層以外も集客できて、大ヒットってことになったんだろうな。ゾンビ映画はそれこそゲームの「バイオハザード」以降、ザックの「ドーン・オブ・ザ・デッド」とかもあって一般的なジャンルになっていたような気がしていたけど、それでもどこかにマニアックさを感じさせる見えざるコードみたいなものがあったのかもしれない。

ただハラハラ感は尋常じゃなくて最初の駅を出発したあたりで既に「帰りたい……怖い……」となった。ゾンビ映画はとにかく出だしが帰りたい。ひと噛みで感染しつつ致死的な怪我を負ったら即効でゾンビ化するタイプのゾンビなのでルールはシンプル。走るアドバンテージは新幹線の車内なのでそれほどでもなく、マ・ドンソクの本気の肘打ちで沈むので多くのスポーツ格闘技で肘打ちが禁止されている理由がわかった。 そこかしこで言われていることだろうけど、ゾンビに襲われて大変というところではない部分、追い詰められた人間のクソしょーもなさが炸裂する一連のシークエンスはやはりこの映画の白眉。えっゾンビじゃなかったし……というところに気づいても、自らのしたことと湧き上がってくる罪悪感から目を背けたくて、主人公たちを追い出す彼ら。主人公に感情移入したいところだけど、私は多分、卑怯な方の人間だと思う。

バス会社の重役が映画の都合に噛まれでもしたかのように一人だけ飛び抜けて悪さしかしなかったりとか気になるところはあったし、「最高、待ってました!」という感じには不思議と(本当に不思議と)ならなかったけど、誰でも見られる大作ゾンビ映画って意味では『ワールド・ウォー・Z』よりもオススメできる一本だと思う。