おかしくはないです

嫌いな言葉は「多幸感」

【フェンス】人のせいで苦しむ人に人のせいにするな、なんて言えるものか

スーサイド・スクワッド』の人非人長官を演じたヴィオラ・デイヴィス人非人デンゼル・ワシントンに戦いを挑む!アカデミー賞受賞したのにDVDスルーになってしまって不思議だなあ〜と思っていたけども内容を見てちょっと納得。事前情報をほとんど仕入れずにデンゼルが剛速球をぶっ込んできたという評のみしか知らなかったけど、開始早々怒涛の会話とその会話の様子をひたすら追っていくカメラ、場所が変わってもひとときたりとも途切れない会話を見て、ああこれは戯曲原作の映画なのねと気づく。1950年代のピッツバーグ、そこにある当たり前の、今になってこそわかる差別という風景。これは劇場にかけても宣伝のしようがなさそう……。おまけに物語のほぼ全てを担うデンゼルの家族の成り行きは、あたたかい感動の涙なんて寄せ付けないほどに、厳しいまでに人間的だ。

デンゼルは真面目な労働者でゴミ収集の仕事をしているけど、出世してゴミ収集車のドライバーを目指している。勤務態度も真面目だ。彼の体は一家を養っているという誇りで満ちている。白人と黒人のリーグが分かれていたことによる野球人生の挫折で開けられた穴を埋めるかのようの彼の家族への態度の、社会と家族の裏腹さ。今は時代が変わったのだと、それはとてもいいことじゃないかと言われても、変わる前の時代に生きた彼の傷が塞がるわけではない。前に進めた人の人生だけが人生みたいに言われるけれど、そうじゃない生き方だって愛すべき人生だとデンゼルは言う。外に出ようとする者を閉じ込め、侵入者を拒むためにフェンスは建てられる。それは理不尽な仕打ちから自分の正気を守るためのたとえ無意味と言われても必要な境界なのだ。誰にでも、そのボーダーラインは生きるためのロジックとして心中に持っている。そのロジックを可視化して建設したいという欲求が出てしまうまでになるという追い詰められ方は今ある現実と同じくらいに過去も未来も排除して、そうでもしなければ正気を保つのは難しいということで、そして現在は、国が丸ごとそんな意思表示をしてしまうほどに、もう来るところまで来てしまっている。

省みてみれば私だって、手を伸ばせばいつの間にか建ててしまったフェンスに触れてしまうかもしれないから、怖くてただうつむいて、現実を見ないようにしている。