おかしくはないです

嫌いな言葉は「多幸感」

【ラ・ラ・ランド】夢だなんだと言うやつは

『セッション』が全然ダメだったので心の準備は欠かさなかった。とはいえパワハラがテーマだった『セッション』と比べてかなり見やすいし、楽しく見れました。デイミアン・チャゼルis同い年(……)なので、言いたいこともちょーわかる。チャゼルは上の世代にうんざりしている。

 

正直、この映画を見て菊地成孔が怒りまくるのもわからないでもないし、彼のレビュー

realsound.jp

の半分くらいには同意できる。特に、セブの言う「本当のジャズ」の中身のわからなさは、ジャズを生業にしている人には噴飯物の適当さだろう。それはジャズに対して無知というわけじゃなくて、映画でやりたいことのためなら潔くそういう部分を切り捨てることができるということで、でもその思い切りの良さを思い入れのなさとして本職の人が感じてしまうのは仕方のないことだ。


チャゼルにとってジャズもミュージカルも自分の主張を擬装するための手段でしかなく、だからミュージカル警察が『ラ・ラ・ランド』に文句言っていないのが私には不思議なくらいだ。ふつうミュージカル映画っていい時も悪い時も歌っちゃうぜ感情があふれちゃうぜ人生は歌だぜ、っていうものだと思うけど、この映画のミュージカルって夢に浮かされた若者たちの曖昧な状態を表現するのに最適ってだけで選ばれた表現形式って気がする。

 

ただ、菊地成孔が怒るのは結果的にはチャゼルの大勝利なのだ。
デイミアン・チャゼルはたぶんすっげージャズおじさんを憎んでいる。特に菊地成孔のような若者が若者だという理由でガーガー言う権利が自分にあると思っているおじさんを憎んでいる。
「夢だなんだというけど、夢を叶えているはずのあんたたちってぜんっぜんいい人生おくっているように見えないんだけど?」
「夢を叶えて有名になったら女にモテる、だぁ?女はもう成功のトロフィーになってくれないんだよ」
『サブカルスーパースター鬱伝』に出てたサブカルおじさんたちはほぼ例外なく女性関係で非道でありミソジニー丸出しなくせに被害者ぶっているクズばかりだったが、たぶんチャゼルはそういう人たちにすっかり幻滅しているのだ。別にそれは彼がフェミニストだからってわけでなく、恋だの愛だのセックスだのでピュアな自分のこころは満たされないと知っているからだろう。なんてったってインテリ白人男性という現在の地球で最強の属性を持っているからこそ、そういう振る舞いにもしかしたら憧れているのかもしれないけど(『セッション』を見る限り)、軽蔑だって強くする。そういう新サブカル男性の気持ちは旧いサブカルおじさんには理解不能だ。ツアーでくそ忙しい中、会いたいからという理由で家に戻ってきてえらく豪勢なディナーを手作りして好きな女性に振る舞うなんてありえないと思っている人にはわからない。

 

そしてけっきょく、チャゼルは手に入れた。自分の思い通りにジャズを語る権利を。それはたぶんセブのような「ジャズの本当の姿を守りたい」人にとっては悪夢のような光景だろう。もはや誰にも止められない。チャゼルが語り、定義する新しい「本当のジャズ」が世の中に蔓延していく様を指をくわえて見ているしかない。
恋も夢もジャズもそれがなんだって言うんだ、セーヌ川に飛び込んだやつだけが次の世界に行けるんだ。