読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

おかしくはないです

嫌いな言葉は「多幸感」

【クリーピー 偽りの隣人】君を守るとか言う男にろくなのはいない

うう〜〜〜ん。合わなかったなあ。迷宮入りしてしまった事件を退職刑事の大学教授が再捜査、ということは犯人の手口に警察の目をくらます何かがあったんだろうなあとはじめは思わせるんだけど、ちょっと警察が……その……警察が無能ということは現実の事件なんかを見てるとよーっくわかるんですが、とは言えもうちょっと合理的に動いてもらわないと、ミステリー部分が盛り上がらないというか、まあ監督は「犯人が〝警察に対して〟うまくやる」ところなんて興味ないっていうのもわかるんですが。あくまで加害者として、「犯人が〝隣人たちに対して〟うまくやる」ところに眼目があるんですよね。とは言っても落とし穴に落ちすぎでしょ、刑事。令状ないのに留守してるからって侵入するからそんな目に遭うんだよー。

香川照之は分かりやすい変人演技をしているんだけど、対する主人公の西島秀俊サイコパスっぽいキャラ設定をされていて、こちらは香川照之とは違って「大仰な台詞回し」と「大根演技」でその異常性を表現している。世間的な正義に酔った共感力の低い男。全然大切にしてない奥さんに対して「君を守る!」とか言っちゃう。割と現実にもよくいるタイプだったりするから困る。しかし同時に他の登場人物も微妙に台詞が不自然なので(「あなたは他人を実験材料にしか考えていないんですか!」とか)西島秀俊のキャラに関しては狙ってやってるのかどうかが時々よくわからなくなる。

奥さんである竹内結子がいつの間にか香川照之に絡め取られているのも、これは完全に好みの問題だけど、無理だったなあ。映像の中ではほとんど竹内結子の内面に踏み入ることはないのだけれど、おそらく「子供が欲しかったけどできない、あるいは夫が望まないで空虚な気分を抱える専業主婦。人生に諦めている」のが竹内結子で、犯人にはそこに付け入れられた、ということなのだろう。自我を放棄し服従に淫して銃を弄ぶ姿などはことさらにエロティックに撮られており、それはいかにも旧態依然とした女性の表象で、しかもその心情がお話を進めるピースになっているのはこの時代にはきついよ。

ただ、ラスト近くで響き渡る藤野涼子の大爆笑は、そんなおっさんくさい欲望を乗り越える強さがあって、次の世代の新しい物語の到来を予感させる。『ソロモンの偽証』のひたむき中学生とは打って変わった役柄だけど映像の中の自分の演技の効果をいちいち把握していて、海外でも活躍しそうな役者さんだと思います。