おかしくはないです

嫌いな言葉は「多幸感」

【帰ってきたヒトラー】ボラット2.0

ぎょえー。とんでもないものを見た。

ドイツでベストセラーになった同名原作の映画化ですが、原作がヒトラーのモノローグで語られるフィクションであるのに対し、映画は半分ドキュメンタリー仕立て。役者だけが演じるドラマパートと通行人のヒトラーに対するリアクションを記録するドキュメンタリーパートがミックスされていて、そのドキュメンタリーがネットで受けてテレビに満を持して登場! という流れはかなりうまい脚色。ただ、NPDのシーンで訪れたヒトラーを扉の中から見るカットがあったのは良くないと思うんだけども。

やってることはまんま『ボラット』。冒頭のマナー教室的なやつなんかそのまんま。ボラットはみんながボラットのこともボラットの国も知らないのに対し、ヒトラーのことはみんな知っているし、彼が何をしたかも知っている。でも、通行人の受け答えっぷりはボラットのそれと驚くほど似通っている。ただ知ってるからなんなんだっていうことなのだろう。

それ以外のリアクションする人も出てくる。その人はバイロイトの広場で「ここでよくそんなことできるな」って怒るんだけど、そしてこの人は映画の中でも数少ない正気の人なんだけど、たぶんSNSやらテレビやらで流れてきたら「表現の自由にいちゃもんつけるサヨク」「ネタにマジレスw」とか言われてクソコラの素材くらいにはなりそう。彼と、ヒトラーとセルフィーを撮ってしまう人たちとの間にどんな違いがあるのかといったら、たぶん彼はヒトラーのことをとてもよく知っていて、その上で、自分の中にヒトラーに対する感情がある。自分とヒトラーの間に切っても切れない何かがあることを知っている。それはぜんぶの人間の中にある、ある種の本性みたいなものなのだけど、私たちは簡単に気づけない。気づきたくない。そのために、目の前にある致命的な問題をネタとして笑い事として処理することを厭わない。

「ネタをネタと〜」とか言って賢ぶっている態度は本当、改めないと、自分が単に動員されていることにとっとと気付かないで単なる人殺しを育てていくんだろうなあ。ひろゆきがこの発言をした時代と今は全然違って、ネットと現実の世界はもはや区切りをつけられるような違いはないんだから。特権的に振舞える場所は、もうすっかり、どこにもないんだ。

同時に、ヒトラーを見ると条件反射的に右手を上げる人たちの多さにも非常に居心地悪い気分にさせられる。この「仕草」を条件反射的にやってしまう心性には心当たりがあって、プロレス観戦している客の態度とイコール、つまり私にも身に覚えがありすぎるパターンってことなのだよなあ。面白いことに簡単に参加したい、〝わかってる〟人間でありたい。それは楽しい。気持ちいい。右手をまっすぐ挙げるだけでその気分になれるんなら、どうしてやって悪いのさ? やってみなよ、気持ちいいから。

でも、どうやら気持ちいいものだけで自分の周りの世界を埋めていると、吐き出す息さえ居場所がない世界になってしまうらしい。気づいたときには、いつでも手遅れなんだけど。