おかしくはないです

嫌いな言葉は「多幸感」

【グリーン・インフェルノ】あくまで真面目なマンイーター

やってることはデロデロだけど映画自体はやたら真面目である。デロデロだからこそこんな真面目な作りにしているんだろうなと思わせてしまうあたりも真面目である。人食い族に捕まるまでそこそこ長く、必要な手続きなんだから待ってね!とお肉を炒める工程の…

【ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲】犬はつらいよがんばれ人間

犬と一緒に娘を預けちゃう母親の無思慮に初っ端ギョッとしたものの、出てくる人物がずっとイライラしていて不可抗力でもなくポロポロと大事なものがどっかに行ってしまい、それはもしかしたら生活のリアリティなのかもしれないけれど、こちらは犬に感情移入…

【アリスのままで】欺瞞なしには現状を説明できないわたしたち

ジュリアン・ムーアの演技がスゴい。というのは事前にわかっているし確かにスゴいのだけれども、そのスゴさが寄与している映画の構造というか特徴が、驚くほどにやっぱりスゴい。 お話を進めるためには事件がいる。人生は出来事の集積だけど、実は何かが起こ…

【ミケランジェロ・プロジェクト】善意と誠意がやってくる

おはなしっていうのはキャラクターがあれば自然とできていくもんなんだよ的なキャラクター原理主義に与したくはないのだけれど、なるほどキャラクターの書き分けはたしかにおはなしを追っていく上でのガイドラインにもなりうるわけで、プロフェッショナルと…

【プリデスティネーション】私は自由、と神が与えた言葉で語る

イーサン・ホーク! なんだかよくわからないけれど、イーサン・ホークを信じる気持ちは常に持っていたいなと思うわけで、彼の眉間の皺には、この世の分類不可能な感情がたぶんたくさん詰まっているという確信がある。 あとは女優さんがほんとに素晴らしくて…

【メイズ・ランナー2】ここはQTEだな……。

中盤までのトーマスとテレサのやりとりを見ていて既視感を覚えていたが、あれだ。『FF7』だ……。 のみならず、話が進むにつれゾンビ(メイズではなくゾンビが出る映画になっていた)の種類が増えて戦闘力も上がっていってそうな感じになる『バイオハザード』…

【ヴィジット】展開が読めたよねという侮りの無意味さ

シャマランを見る視線というものの上を横切る必要がないまま生きてこられたのは私がそれほど映画に淫してこなかったせいなのかもしれないけれど、近作のレビューを見る限り、監督作を前にある程度の留意が必要な作家として認識されているというのはさすがに…